車検方法の種類|冬用のタイヤについて知る|カーライフを充実させるために
ウーマン

冬用のタイヤについて知る|カーライフを充実させるために

車検方法の種類

作業者

車を所有している全ての人において、車検を受けることは義務として定められています。車検というのは、新車であれば3年に1度、それ以降であれば2年に1度必ず受けなければならない整備・点検のことです。車両の安全を確保するためにも必要不可欠な整備・点検で、それを期限内に受けずに走行を続けると法的に罰則を受けてしまいます。車検はディーラーや車検専門のフランチャイズ店、町の整備工場、カー用品店、ガソリンスタンド、自分自身で行なうユーザー車検等、様々な方法の中から一つを選んで受けることが可能です。それぞれの選択肢によって特徴が異なるため、自身が納得して利用できる方法を選びましょう。ここでは、ディーラーとフランチャイズ店における車検の特徴について説明していきます。

ディーラーというのは、その車の製造を行なっている正規ディーラーを指します。ディーラーを利用した場合、車検に掛かる費用は高額になってしまいますが、より高品質なサービスを受けることが可能です。例えば、使用している部品に全く以上がない場合であっても、必ず正規品で部品交換してもらえる等です。つまり、より自身の愛車の安全を守りたいのであれば、ディーラーの利用が最適なのです。フランチャイズ店の場合、全国展開しているためサービスの水準が一定であるといった特徴があります。料金設定も明確ですので、誰でも気軽に利用することができるでしょう。また、フランチャイズ店であれば、整備・点検に立ち会うことができるため、自分自身で不備内容を確認することができるのです。